FANDOM


スクリューパイルドライバー (Spinning Piledriver, Screw Piledriver) とはプロレスラーのザンギエフが使う必殺技のひとつでザンギエフの特徴的なプロレス技。長音を外して「スクリューパイルドライバ」と表記されることも。『ストリートファイターII』で導入され、『ストリートファイターIV』シリーズではセスもその動作を真似している。


入力
すべての出現 Arcade Stick 360 + Arcade Button Punch
Zangief-piledriver-art

『ストリートファイターII』のザンギエフのスクリューパイルドライバーのオフィシャルアートワーク。

解説 編集

ふたりのスクリューパイルドライバーのバージョンはジョイスティックまたは十字キーの任意の場所からフルサークルで一回転してからパンチボタンを押すと発動できる。 基本的に発動が難しい技だが、決まれば非常に強力なダメージを与えられる。

ザンギエフの脚と腕の長さから明らかに届かない位置でもこの投げ技を発動できることから、不条理な技といわれていた。

パイルドライバーの回転バージョン。捕まえた相手を逆さまにして股に頭を挟んで前進を回転させながら相手の頭を地面に叩きつけてダメージを与える。スクリューパイルドライバーというプロレス技は実在しない。

ギャラリー 編集

スクリーンショット 編集

スプライト 編集

Zangief-piledriver

ビデオ 編集

Seth's Spinning Piledriver00:06

Seth's Spinning Piledriver.wmv

SSFIV のスクリューパイルドライバーのセスバージョン。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。