FANDOM


Chun Li Poster

Theatrical Poster

ストリートファイター ザ・レジェンド・オブ・チュンリー (Street Fighter: The Legend of Chun-Li) は『『ストリートファイター』シリーズをベースにした2作目ライブアクション映画。「スモールヴィル」のスタークリスティン・クルックが主役を演じる春麗の冒険の物語である。映画の共演スターとして、それぞれベガ役にニール・マクドノー、チャーリー役にクリス・クラインバイソン役にマイケル・クラーク・ダンカンバルログ役にタブーが配されている。ゲンの役は最初はリック・ユーンだったが、『モータルコンバット』シリーズでリュウ・カンを演じていたロビン・ショウに変わった。映画は2009年2月27日に映画館で公開された。映画はファンの批判によって好評を博すことはなかった。Rotten Tomatoes はレイティングで ”4% Fresh” (4%新鮮) のレイティング、50のネガティブと2のポジティブレビューでこの映画をリストアップしている。


物語の筋 編集

子供の春麗はサンフランシスコから香港に家族とともに引っ越す。そこで、ピアノとともに彼女はよいコネのある実業家の父親シアン (エドマンド・チャン) から武術太極拳を学ぶ。ある夜、彼女の家がベガとその子分バイソンに襲撃される。春麗の父はバイソンが幼い春麗を捕まえるまで撃退するが、父は誘拐され家族は引き裂かれる。

数年後、春麗は才能あるコンサートのピアニストになるまで成長する。あるコンサートが終わってから、古びた中国語で書かれた手紙を受け取る。帰る途中、彼女はストリートの悪党に襲撃されているなぞめいたホームレスに会う。悪党が去った後、春麗は彼を気遣い、彼の腕に蜘蛛の巣のタトゥーがあることに気がつく。同時に、成長した娘の写真を見ることだけが許され、囚人としてベガに働かされているシャンに出会う。春麗の母が癌との闘病に倒れ、葬儀で春麗と召使が彼女の死を嘆く。


キャスト 編集

キャラクター 俳優
春麗 クリスティン・クルック
ベガ ニール・マクドノー
チャーリー クリス・クライン
バイソン マイケル・クラーク・ダンカン
バルログ タブー
ゲン ロビン・ショウ
マヤ・スニー ムーン・ブラッドグッド
シアン(春麗の父) エドマンド・チャン
幼い ローズ エリザヴェータ・キリュクヒナ
カンタナ ジョジー・ホー
Zhilan Cheng Pei-pei

DVD編集

劇場版のレートがない2枚のDVD版が2009年6月30日に北米でリリースされた。


コンテンツ 編集

  • ディスク: 2枚

スペシャル・エディションではDVDは下記の構成になっている:


    • Disc 1
  • 2.35:1 anamorphic wide-screen
  • 14 Deleted Scenes
  • Audio Commentary by Patrick Aiello, Ashok Amritraj, Neal McDonough and Chris Klein
  • Audio: English Dolby Digital 5.1
  • Becoming a Street Fighter
  • Behind the Fight: Production Gallery
  • Chun Li: Bringing the Legend to Life
  • Fox Movie Channel Presents Making a Scene
  • Interactive Menus
  • Marvel vs. Capcom 2 Sneak Peek
  • Recreating the Game: Arcade to Film Comparisons
  • Scene Selection
  • Street Fighter Round One Fight - Animated Feature Film
  • The Fight in Black and White: Storyboard Gallery
  • Trailers
    • Disc 2:
  • Street Fighter: Round One - FIGHT!

キャラクター 編集

主人公 編集

中立 編集

悪党 編集

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。