FANDOM


灼熱波動拳 (しゃくねつはどうけん) とは『ストリートファイターII』シリーズで導入された波動拳特殊なタイプの名前。リュウと殺意リュウ、豪鬼が使用する。

説明 編集

キャラクターによってハーフ・サークル・フォワードか後退のいずれかの操作を行ってからパンチボタンを押すと、灼熱波動拳が火がついた熱エネルギーとともに吹き込まれる。

リュウ 編集

リュウのバージョンは豪鬼のものと比べるとかなりダメージがすくないが、リュウがこれを使うときチャージしない。その結果リュウのバージョンは豪鬼のものよりも (通常の波動拳のチャージの速度については) 放つのが速い。1から3回命中する。

『ストリートファイターIII』では、リュウの動作のバージョンは直接は現れない。かわりに2回ヒットするEXの波動拳として機能する。

豪鬼 編集

解放する前に豪鬼は赤くなり、わずかに変わる。その発射体はパンチボタンの強さに応じて1-3回ヒットする。これは回復にも影響を与える。弱パンチではもっともはやく回復し、強パンチではもっとも多く当たる。豪鬼と殺意リュウの EXスペシャルバージョンでは3回命中し、弱パンチバージョンと同じ早さで回復し、同じようにさらにダメージを与える。

殺意リュウ 編集

『ZERO』シリーズでは、殺意リュウバージョンものははリュウのものと似ている。彼はそれを使うときチャージしない。一回だけ命中させるだけである。『スーパーストリートファイターIV』では、「チャージ」を保持し、豪鬼のものとほとんど同じ機能をする。

スプライト 編集

リュウ 編集

Ryu-redhado

豪鬼 編集

Sf-akumaSFIIIShakunetsuAkuma

スクリーンショット 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。