FANDOM


BalrogPoster

Balrog: Behind the Glory (バルログ: 栄光の背後) とはカプコンの人気格闘ゲームシリーズ『ストリートファイター』をもとにした短編のライブアクションのファンフィルム。ボクサーのバイソン (英語圏ではバイソンのことをバルログと呼ぶ) を題材にした「モキュメンタリー映画」 (mockumentary firm) として上映された。この映画は2011年7月31日に Evo2k11 で上映された。

モキュメンタリーとは、ドキュメンタリー映画を真似て作られた、2013年11月25日 (月) 13:37 (UTC)のところ日本ではなかなか見られない作風の映画や番組のことである。

日本人が映画を見るときの注意事項 編集

海外版の『ストリートファイター』ではバイソンのことをバルログと呼び、バルログのことをベガと呼び、ベガのことをバイソンと呼んでいる。映画でもそれを前提に物語が展開している。

構想 編集

バイソンの子供時代を通して彼のボクシングのキャリア、そして「シャドルー」に巻き込まれるまでの遍歴を辿る。


映画 編集

Balrog Behind the Glory12:11

Balrog Behind the Glory

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。