FANDOM


M.バイソン Character Select Balrog by UdonCrew
Sfxt-balrog
『ストリートファイター X 鉄拳』に登場するバイソン。
M.バイソン
誕生日 9月4日
出生地 アメリカ合衆国 USA
身長 6' 5½" (198 cm) [1]
体重 225 lbs (102 kg)[1]
眼の色 茶色
髪の色
格闘スタイル ストリートボクシング
好きなもの 女、バーボン、金、勝利
嫌いなもの 魚、重労働、数学、バルログ
ライバル 春麗、ダッドリー, バーディ (SFA3), バルログ
趣味 ギャンブル
Moveset ダッシュストレート、ダッシュアッパー、ダッシュスィングブロー、バッファローヘッドバット
初登場ゲーム ストリートファイターII
英語声優 Bob Carter (SFIV)
日本語声優 山寺宏一 (SFZ3)
長代聡之介 (SVC Chaos) 鶴岡聡 (SFIV)
ライブアクション俳優 Grand L. Bush (Street Fighter: The Movie)
Michael Clarke Duncan (Street Fighter: The Legend of Chun-Li)
「ヘッ お前の動きなんざ丸見えなんだよ! 生まれてきたことを後悔させてやるぜ!」
—『スーパーストリートファイターIV』でバイソンが春麗に向けた言葉

M.バイソン (Mike Bison、マイク・バイソン、海外版では Balrog) は『ストリートファイター』シリーズのキャラクター。『ストリートファイターII』では最初に登場するボスキャラクター。

日本ではバイソンだが、海外ではバルログという名前である。またバルログはベガ、ベガがバイソンという名前に入れ替わっている。

その他の作品での登場 編集

モキュメンタリー映画 編集

バイソン (Balrog) はEvolution 2011 Championshipsで公開されたショートドキュメンタリーファン映画 Balrog: Behind the Glory に登場している。この短編映画はChubby Boy Filmsが制作した。映画ではバイソンの手短な経歴を描写している。その話は彼が子供の頃に虐められていた話、いじめっ子と喧嘩をした話、父親からも受けていたボクシングのトレーニング、そして彼がボクシングという職業で手にした成功、メディアでの人気、彼の結婚生活、スーパーモデルとの離婚、そしてマネージャーとビジネスをいいことに彼がどうやって強欲になっていったか、ボクサーを殺した彼の問題の頭突き、それゆえにボクシングから追放され逮捕され、マッドギアシャドルーへの道、後に彼に何が起こったかというものである。ドキュメンタリーではバイソンの父 Greg Bison (グレッグ・バイソン) 、シャドルーの興隆と衰退について著した著者 Micah Shultz (マイカー・シュルツ) 、かつてのトレイナー Tim Tashun (ティム・タシュン) がインタビューしている。


ステージテーマ 編集

[1] [2] [3] [4]

ギャラリー 編集

スプライト 編集

構え 編集

Sf-balrogold Sf-balrog Balrog-snk-stand

その他 編集

Balrog-letsgo Balrog-sfa-walk Balrog-sf2-win Balrog-igetpaid1 Balrog-cs-tauntloop Balrog-cs-wi Balrog-c-win2


参考文献 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。